イオントフォレーシスで自宅にいながらラクラク汗対策♪

自宅で使えるイオントフォレーシスはどこで買える?

自宅で利用できるイオントフォレーシスはオンライン上での通販だけで提供されています。
手や足、脇の汗を減らす装置なので「是非とも買いたい」という方が数多くいらっしゃるかと思います。

手にすぐ汗をかいてしまったりすることで人から嫌がられてしまったり、その改善を考えている方も多いかと思います。また足の汗や脇の汗などは体臭の原因となってしまうので是非とも治したいと思っていつつも、制汗剤などでは根本的な改善が行われなくなったり、また制汗剤の匂いというものがきつくなりすぎてしまう可能性があります。

汗をかきやすいことを改善するイオントフォレーシスを欲しい人が大勢いますけれど、あいにく街中の店舗などでは売られていないんです。
それからドラッグストアや薬屋さんにもありません。一見すると不便のようにも見えますが、公式のネット通販ならばわざわざ買いに行く時間を使わずに済みます。
自宅まで届けてもらえ、少しそういった体の悩みを外で購入するのは恥ずかしさなどもありますので、それほど不便ではないのです。是非とも購入を検討してみましょう。現在いくつか種類が出ているので、そのご説明をしていきます。

>>イオントフォレーシス公式のネット通販をみてみる

自宅用イオントフォレーシスにはどんなものがあるの?

自宅用イオントフォレーシスの主なものは3種類あります。

「saalioサーリオ」と呼ばれるものが一番代表的なもので日本語の販売サイトも開設済みのドイツ製の高機能の商品です。
電流の出力量を自分で変えることできてパルス電流などへの切り替え機能も充実しています。自宅で10分から15分使用していれば大丈夫ですし、日本語の説明書が付いているので使用に困ることはありません。
それにスタッフも日本語を喋れる人がいるので問い合わせなども問題なく価格はだいたい89800円ぐらいです。

>>saalioサーリオはこちら

それから「IONTODERMA」という商品があります。
為替次第で価格が変わりますがで手足専用で、出力調整も可能です。コンパクト設計なので持ち運びも容易です。
電源と水があればどんな場所でも使用でき、だいたい20分以上使えば効果が出てきます。ただし英語の販売サイトから直接購入することになるので少しその手続きが大変になるでしょう。

「ドライオニックDrionic」という商品があります。
電池式で使用は30分ぐらい必要ですが、コードレスで使用できる点がかなり便利です。
日本語の解説書も付いていて34500円と安いです。ただ国内に輸入するときの税金などがあと2000円ぐらいかかることに注意していきましょう。

イオントフォレーシスを自宅で使う時に注意することは?

イオントフォレーシスを自宅で使う時の注意点は、毎日それなりに行って時間を確保しなければいけないという点です。ある程度30分ほどを一週間ぐらい続けなければいけません。ですので忙しい人なのは自宅で使うことが少し難しくなってしまう可能性があります。

汗対策に最適ですが、ある程度使い続けないと効果が見込めない可能性があるのです。ですが現在はオーディオブックなども販売されているので、そういったものを聞きながら行えば効率的にケアできるでしょう。

最初は時間がかかるように見えても、どの程度の長さを使用すれば効果があるか、これ以上使っても意味がないとか、意味があるとかわかってくるので効果的に使用することができるようになるとかと思います。

心配なのは、一見すると電流を使うのでなにか悪影響があるかのように思えてしまうことです。しかし、イオントフォレーシスによる悪い作用はありません。

ただし体を長時間水の中につけておくことになるので肌の弱い人なのは水ぶくれ赤みなどが起こってしまう可能性があるかもしれません。その点だけ注意しておけば、例えば接骨院などで使用されている電気程度です。ですから、痛みなどを感じることなく、かなり手軽に汗対策をすることができるのです。

脇汗対応のものはあるの?

イオントフォレーシスのうちSaalioブランドならば、本体と別料金の付属品として脇専用スポンジが揃えられています。

もちろん事前にお肌を清潔にしたうえでの使用が前提で、脇汗を出にくくする作用があります。
本体価格は89800円で、脇用パットは6800円です。脇は非常にニオイが強くなりやすいですが、これはアポクリン汗腺が存在するためです。タンパク質を含んだベタベタした汗を発するので、想像以上の悪臭に悩まされることでしょう。

ワキガ体質の解消においては手術が一番ですが、イオントフォレーシスを活用すれば気にならないレベルまで抑えられます。ワキガ人口は非常に多いと考えられていますが、実際は世間一般に思われているより少ないです。

ワキガ体質ではなくても、もともと脇は非常にニオイが強くなる部位と言えます。デリケートゾーンと足裏に匹敵するニオイを発するので、脇汗対策をしっかりと行なっておきましょう。汗をかいていない状態ではほとんどニオイは発生しませんが、これは雑菌が繁殖しないためです。

つまり常にサラサラを維持しておけば、きれいな脇のままに違いありません。イオントフォレーシスが行なう部位としてはほとんど手や足に用いることが多いですが、脇に用いたら想像以上だったといった意見もみられます。

>>脇専用オプションはこちら

使用方法について

イオントフォレーシスの使い方は水の中に手をなどを置いて、指定の時間使うと効果が現れます。回数や頻度はどれくらいかと言うと、病院で使う場合は使用時間は10分から15分で、理想的な回数は週に1~2回です。

それから発汗が抑制された後は2~3週間に一回で済みます。サーリオのイオントフォレーシスの場合もほとんどそれと同じです。最初は10分から15分、週3回から5回用います。

そして発汗が抑制されたら、回数を減らし週1回か2回にすれば大丈夫です。IONTODERMAの場合は20分から30分と少し長めに使用しなければいけませんし、1日1回から2回は使用したいところです。ですので少し時間がかかってしまいます。

ドライオニックの場合は30分程度を毎日続けることが必要になります。発汗の抑制された効果がしっかり出た後ならば、週1、2回で済みます。

ただし、完全に中断してしまうとまた発汗しやすくなっていきますので、定期的に使用していくことが必要です。病院へ行く場合ですと定期的に通うのもかなり大変になってきますので、自宅で行えるイオントフォレーシスはかなり便利です。

イオントフォレーシスを使ってはいけない人は?

イオントフォレーシスが使えない人は基本的にいません。それほど大きな電流を流すわけでもないので、痛みなどもなくなにか悪い影響なども発表されていません。

イオントフォレーシスの問題点は即効性がない点につきます。なのでかなり長時間を毎日のように行う必要性からすると、忙しい人にはあまりおすすめできません。

しかし病院へ行ってイオントフォレーシスで治すのに比べれば、自宅でできるので、やりながらテレビを見ていたり、ラジオを聴いていてもよいのでそれが利点のひとつです。

また水中にしばらく手をおいているため、肌がデリケートな場合、肌荒れなどを引き起こすという心配が伴いあまりお勧めできません。

赤みやほてり、湿疹などといった、なにか悪い影響をもたらす場合がありますので、その場合は一度病院に相談してみると良いでしょう。

イオントフォレーシスは汗を掻く部位を水道水に浸してかなり弱い電流を流すことで、その改善を試みる方法です。美容皮膚科などで行われているイオントフォレーシスは、イオン導入なども行われていてかなり効果などが出るようになっています。

またお金が結構かかるので経済的に苦しい人などは、あまり向いていないかもしれません。ただし最初に費用が必要なだけで、今後ずっと使えるとすれば、その分の投資は致し方ないでしょう。

↓イオントフォレーシスSaalioはコチラ↓

http://saalio.com